議会だより

議会基本条例 要綱決定へ

アジサイ  玉敷公園 9日
アジサイ  玉敷公園 9日
 加須市議会は、市民に開かれ、市民の信託に応える市議会に改革するため、議会改革特別委員会を設置(委員長に小坂徳蔵議員、委員にさえき由恵議員)し、市議会基本条例の制定をめざし、討議を重ねています。

 今月1日、第11回議会改革特別委員会を開き、市議会基本条例要綱を全員賛成で決定し、12日の議員全員協議会で報告しました。




 市議会基本条例の要綱は以下の「前文」と「7章」(31項目)の構成となっています。

◆「前文」
 市議会基本条例要綱の前文では、「私たちは、先人たちが営々として築き上げてきた豊かな歴史・文化・多様な地域資源の特性を活かして、魅力ある住みよいまちづくりを進め、次の世代につなげていかなければならない」と強調しています。
 さらに、「不断の議会改革を重ねながら、全力で市民の信託に応えていくことを決意し、ここに市議会及び市議会議員の活動原則等の基本的事項を定め、議会の最高規範として、この条例を制定する」と定め、市議会の決意を表明しています。

◆「7章」の柱立て(31項目)

・第1章 総則―2項目
・第2章 議会運営及び議員の活動原則―2項目
・第3章 市民との連携・協働の推進―7項目
・第4章 議員の政策立案機能の強化―10項目
・第5章 議会と市長等との関係―5項目
・第6章 議員定数及び報酬―2項目
・第7章 補則―最高規範性、条例の研修、評価制度など3項目

 要綱は今後、条文化し条例に整えていきます。その後、パブリックコメントを実施し、その声を生かし、さらに練り上げ、来年6月の制定をめざしています。

2017/06/18

◀ 議会だより一覧に戻る