議会だより

行き届いた教育を 及川和子議員

騎西生涯学習センター 12日
騎西生涯学習センター 12日
 及川和子議員は今月6日(月)午後1時から質問を行いました。取り上げた項目は、①行き届いた教育について、②コミュニティバスの運行、③空家対策についての3項目です。




 行き届いた教育について、代替教員の配置と教育活動指導員・介助員の充実を求めました。以下は質問の要旨です。

〇代替教員の配置について

 市内小中学校30校に606人の教師がいます。そのうち、2016年度に病気や産休等で学校を離れている教師が43人います。43人の代替教員が配置されなければなりませんが、現在41名の配置で2名が欠員となっています。
 先生がいなければ授業になりません。及川和子議員は、市教育委員会の責任で代替教員を速やかに配置するよう求めました。

 渡邊教育長は、「学校全体がきめ細やかな指導・支援ができるよう、適切な配置に努めてまいります」と答弁しました。

〇教育活動指導員と介助員の拡充を

 学校の授業で少人数指導などのために、加須市では教育活動指導員が担任の先生とともに学習をサポートしています。また、障がいのある児童生徒の手助けをする介助員を配置しています。
 及川和子議員は、児童生徒の確かな学習を保証し、落ち着いて授業ができるよう教育活動指導員や介助員の拡充を求めました。

 渡邊教育長は、「特別な配慮が必要など、一人一人に適切な指導ができるよう努めていきます」と答えました。
2017/3/11






◀ 議会だより一覧に戻る