議会だより

危険橋りょう 5年以内に改修を  佐伯由恵議員

通学路となっている新種足橋
通学路となっている新種足橋
 市内には、1107橋の橋りょうがあります。橋りょうの耐震対策は、被災時の円滑な緊急・救助活動や緊急物資の輸送、復旧活動の支援等において不可欠です。
 佐伯由恵議員は12月市議会で「橋りょうの安全対策」を提案しました。以下は要旨です。




 2012年の笹子トンネル天井板落下事故を受け、2014年7月、道路法施行規則が改正されました。橋りょうの定期点検を5年に1回実施し、必要な措置を行うことが義務づけされました。

 定期点検は業務委託。加須市の計画では、14年度からスタートし、18年度までの5年間で市内1107橋の点検をすべて完了させることになっています。
 総事業費は約2億1600万円。点検で「区分3・早期措置段階」及び「区分4・緊急措置段階」と診断された橋りょうは、修繕等の措置が義務化されています。

 市は昨年度までの2年間で42橋を点検。その結果、「区分3」は14年度に2橋、15年度に6橋で合わせて8橋。「区分4」はゼロでした。
 さえき議員は診断結果に基づいて、「区分3」の8橋について、速やかな修繕を提案しました。

 木村建設部長は、「橋りょう点検については、5年に1回の頻度で実施し、橋の健全度を4段階に区分。良い方から健全1、機能に支障がない状態2、次の点検までに措置を講ずべき状態3の早期措置段階、緊急に措置を講ずべき状態4の緊急措置段階。区分3・4は修繕等の措置が義務化されました」と答弁しました。

 「区分3は、次の点検までに改修する」=この方針に沿って、8橋は5年以内に修繕することになります。
 また、今年度は460橋、17年度は303橋、18年度は302橋の合計1065橋の点検を計画しています。診断結果に基づき同様に対応する−当然なことです。

2017/01/29

◀ 議会だより一覧に戻る