議会だより

質疑を通告 小坂団長が30日に質疑します

(モミジ・パストラルで21日)
(モミジ・パストラルで21日)
 11月〜12月市議会が開会中です。審議している議案は、補正予算、条例関連、指定管理者の指定など、全部で22件です。

 党市議団は昨日(26日)、議案の調査を行なって、代表して小坂徳蔵・党議員団長が議長に質疑を通告しました。その項目は、補正予算と条例関係の6議案です。通告した項目は以下のとおり。
 
 ◇マイナンバー経費の増加と財源構成について
 ◇景気低迷による法人市民税の還付金返還の増加について
 ◇業務委託を地域循環型経済対策に位置付けて発注する
 ◇地域で高齢者を支える「包括支援センター」で認知症対策を推進する
 ◇市の提出書類に12桁個人番号の記載義務化と市民の利便性確保について
画像
 質疑を通告後、小坂団長は市長部局の依頼に応じ、議案を所管する担当課長5人のヒアリングに応じました。

 これには、及川和子議員と佐伯由恵議員が同席しました。ヒアリングは休憩なしで続行し、2時間15分におよびました。

 市議会は30日に本会議をひらきます。そして、党議員団を代表して小坂団長が、市民の立場から議案に対して質疑を行ない、疑義をただします。
2015/11/27

◀ 議会だより一覧に戻る