議会だより

2016年度予算編成 市長に252項目申入れ

(左から、及川議員、小坂団長、大橋市長、松本議員、佐伯議員)
(左から、及川議員、小坂団長、大橋市長、松本議員、佐伯議員)
 市民の声と願い実現を―日本共産党議員団(以下は党議員団)の小坂徳蔵議員、松本英子議員、及川和子議員、佐伯由恵議員の4人は昨日(5日)、市役所市長室で大橋良一市長に会って、「2016年度加須市予算編成に対する要望」を手渡し、懇談しました。

 市役所では、来年度の予算編成作業が行なわれています。そこで党議員団は、市民から寄せられた声と願いをまとめ、大橋市長に実現を申し入れたものです。

 申入れた内容は、以下のとおり。
 
 ①.2016年度予算編成に対する重点要望…25項目
 ②.市民のくらし守り、医療・福祉を優先する…35項目
 ③.大震災の教訓受けとめ、安全・安心、災害に強いまちづくりを推進する…27項目
 ④.地域循環型経済を推進し、まちに元気を取り戻す…38項目
 ⑤.住みよい便利で快適なまちをつくる…41項目
 ⑥.子どもが輝く教育をすすめる…53項目
 ⑦.住民目線で税金ムダ遣い、不要不急事業見直し、行政サービス向上を…13項目
 ⑧.憲法を市政に生かし、清潔・公正・民主の市政を…20項目
   ――申入れた内容は全部で252項目にのぼります。

 市長との懇談で小坂団長は、今年の予算編成対する重点要望として、これまで市民から寄せられた声、市議会で議論してきた内容、さらに現在起きている問題について、具体的に提案していることを指摘しました。

 そのなかで小坂団長は、特に「2016年度予算編成に対する重点要望」にそって、以下のように説明しました。

◇マイナンバーと関連し、市民の個人情報を保護するため、情報セキュリテイの確立、
◇TPPの「大筋合意」による影響
 ・コメの輸入枠の拡大は、「埼玉一の米どころ」=加須市に大きな影響をおよぼす
◇初期救急医療の再構築と医師を確保する具体的な対策
◇県内市で大きな流れになっている小中学校にエアコンを設置する
◇子育て支援・公立幼稚園の3歳保育は民間保育園関係者とよく協議して実施する
◇特別養護老人ホーム160増床を確実に整備する
◇旭化成建材の教訓をふまえて
・公共工事の杭打ちなど重要な工程に市職員が立会い、偽装や手抜きを未然に防止する
◇市民の願いを実現するため財政運営の見直し
  ――以上の内容について説明しました。

 そして小坂団長は、周辺地域の住民の間から、合併で地域がさびれるのではないか、という不安がつのっていることを受けとめ、地域住民に最も身近な総合支所3か所の充実を、市長に改めて求めました。

 続いて松本英子議員は、「大利根地域の基幹用排水路の改修を促進して頂きたい」と要望しました。

 及川和子議員は、「周辺地域の人が、まちがさびれるのではないか、と不安を抱いています。重視して取り組んでください」と発言しました。

 佐伯由恵議員は、「いま、子どもの貧困が大きな社会問題になっています。そのことを予算要望に入れてあります」と、市長に申し入れました。

 大橋市長は、党議員団の話に真剣に耳を傾けました。そして市長は、「ずいぶん内容がありますね」、「これをすべてやれたらよくなりますね」と感想を述べていました。

 党議員団4人の議員は、来年度予算編成に対する市長の考えなどについて意見を交換。市民の立場から有意義な懇談になりました。

*全文は下をクリックしてご覧ください。
2015/11/06

(「2016年度予算編成に対する要望」の全文)

◀ 議会だより一覧に戻る