議会だより

委員会で付託議案を審査

(ハギ・浮野の里で5日)
(ハギ・浮野の里で5日)
 市議会は今日(15日)、朝から3つの常任委員会をひらいて付託議案を審査しました。

 総務委員会は、小坂徳蔵議員と松本英子議員が、一般会計補正予算、マイナンバー導入の条例4件、同和住宅融資事業決算を審査しました。

 小坂委員は、マイナンバー導入にあたって、加須市が個人情報保護のセキュリテイ対策が重大な欠陥をもっている事実を指摘。マイナンバー導入の中止を提起しました(詳細は小坂議員のHP参照)。委員会は午後5時まで、集中的に審査しました。

 民生教育委員会では及川和子議員が、国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険などの決算、公立幼稚園で3歳児保育を実施する条例を審査しました。

 産業建設委員会では、佐伯由恵議員が、水道と下水道の企業会計決算・身の丈を超える開発事業の決算などを審査しました。
2015/09/15

◀ 議会だより一覧に戻る