議会だより

党議員団が一般質問

(ハギ・浮野の里で5日)
(ハギ・浮野の里で5日)
 市議会は今日(14日)、本会議での一般質問を終えました。

 党議員団の及川和子議員は11日に質問。今日の本会議で、松本英子議員、佐伯由恵議員、続いて小坂徳蔵議員が質問しました。

 及川和子議員は、交通弱者対策のコミュニテイバスについて、高齢者の立場から運行の改善を提案。

 松本英子議員は、災害時の福祉避難所を拠点避難所23箇所に増設するよう提案。

 佐伯由恵議員は、安倍内閣の悪政から、市政が市民の暮らしを守る防波堤の役割を果たすよう求め、介護保険、生活保護、加須市農業の再生について質問。

 小坂徳蔵議員は、マイナンバーの問題について質問。加須市のネットワークが、基幹系と情報系がつながっている事実を明らかにし、個人情報保護のセキュリテイに重大なリスクがあることを指摘し、マイナンバーの導入に大きな問題があることを浮き彫りにしました(小坂議員のHPを参照)。
2015/09/14

◀ 議会だより一覧に戻る