議会だより

小坂団長 市議会を代表し質疑へ

(アジサイ・玉敷公園で4日)
(アジサイ・玉敷公園で4日)
 4月の改選後、初めての定例市議会=6月定例市議会が開会中です。

 15日に開会した市議会は、議案調査・事務整理のため、今日(16日)まで休会です。

 党議員団を代表し、小坂徳蔵議員は昨日、市長が提出した一般会計補正予算(3億1,390万円を追加)など8議案の調査に集中。4議案について、議長に質疑を通告しました。

 このあと、市長部局等から依頼があり、質疑の項目を担当している課長5人のヒアリングに応じました。午後3時から開始し、終わったのは午後6時。ヒアリングは通算3時間におよびました。これには、佐伯由恵議員が議案調査のため同席しました。

 小坂団長が通告した、議案質疑の項目は以下のとおり。 
 
 ◇個人情報漏えいが危ぶまれるマイナンバー制度について

 ◇大利根東小学校大規模改修の国補助が不採択になった要因と対策について
画像
 ◇公共工事発注と法令改正に基づく改善策について
  ・地域循環型経済対策に位置づけて発注する
  ・予定価格の「歩切り」廃止について
  ・入札金額の内訳書提出の義務化
  ・社会保険(福利厚生費)加入と適正な競争性
  ・加須市の公共調達基本方針の改正

 ◇「株式会社かぞ農業公社」の経営と指定管理
 市議会は明日(18日)、本会議をひらいて議案に対する質疑を行ないます。しかし、質疑を通告しているのは、日本共産党議員団を代表して通告した小坂団長一人だけです。

 地方自治の二元代表制のもとで、その一翼を担う市議会・議員の第一の任務は、行政をチェックすることです。

 従って、明日の本会議は、小坂団長が市議会を代表し、市長、教育長、各部長に対し、市民の立場から質疑を展開することになります。
2015/06/17

◀ 議会だより一覧に戻る