議会だより

質疑を通告 佐伯議員・小坂議員

(パストラルで23日)
(パストラルで23日)
 12月市議会が開会中です。
審議の対象は、市長が提出した補正予算、条例など23議案。それに小坂議員団長が紹介した教育関連の請願2件。

 一般質問は、党議員団4人を含め、19人が本会議で4日間の日程で質問します。

 市議会は昨日(26日)、議案調査のため休会でした。党議員団は議案調査を行なって、佐伯由恵議員と小坂徳蔵議員が議長に議案に対する質疑を通告しました。

 佐伯議員は、来年4月から実施する子育て支援新制度に係わる、○保育所と幼稚園の保育料を定める条例、○学童保育の運営と基準を定める条例―2議案について質疑を通告しました。

 小坂議員は、一般会計補正予算、新しい条例の「債権管理条約」、公共施設に指定管理者の指定など6議案について質疑を通告しました。

 主な質疑の項目は以下のとおり。

 ○業務委託を地域循環型経済対策に位置づけて契約する
  ・業者は市内優先、雇用は市民が優先、雇用形態は正規社員を基本とする

 ○市メール誤配信の教訓を生かし、再発防止徹底を仕様書で明確にする

 ○地域経済活性化の一環、住宅リフオーム助成の継続的実施

 ○債権管理について
  ・乱脈ズサン同和住宅融資償還未納、月額家賃3千円の同和関連住宅の家賃滞納、
  ・事務処理不適切―請求先不明の学校給食費滞納190万円の問題

 ○指定管理者(いなほの湯)変更に伴う雇用継続について

 ○道の駅・おおとね創生センター運営について

 ○企業会計(水道・下水道)の業務委託内容の改善について

 市議会は明日(28日)、本会議をひらき、議案に対する質疑を行ないます。質疑が終わると補正予算と新規条例を所管する委員会に付託。それ以外の議案は、即決議案として取り扱い、討論を経て直ちに採決に付します。

請願2件は民生教育委員会に付託し、審査します。明日から、12月市議会の議論が始まります。
2014/11/27

◀ 議会だより一覧に戻る