議会だより

大利根 公立幼稚園に入園を…松本ひで子議員

(市立水深幼稚園、記事と関係ありません)
(市立水深幼稚園、記事と関係ありません)
 6月市議会で松本ひで子議員は、子育て中の保護者が、公立幼稚園に入園を希望した場合、その願いをかなえるよう質問しました(本会議・6月23日)。

 以下は、その要旨です。




 市内には、公立幼稚園が13園あります。しかし残念ながら、大利根地域には公立の幼稚園がありません。

 私立の幼稚園に入園すると、保育料、教材費、給食費、送迎バス代など年間30万円超えます。これは子育て世代にとって、大変な負担です。

 このため、大利根地域の保護者の間では、公立幼稚園の入園を希望する人が少なくありません。そこで松本ひで子議員は、大利根地域の保護者が、公立幼稚園の入園を希望するとき、市が入園できるように対策を提案しました。

 これに対し、塩原由紀雄・子ども局長は、「公立幼稚園を希望する方は、全部で17人。公立幼稚園に入園できるように、手続きをすすめている」と答えました。
2014/07/23

◀ 議会だより一覧に戻る