議会だより

議案に対して質疑

(玉敷公園で今月9日)
(玉敷公園で今月9日)
 6月市議会が開会中です。
市議会で審議している内容は、◇4月の市長選で再選された大橋良一市長の所信表明、◇市長が提出した議案は全部で予算と条例など17議案。

 ◇市民が提出した請願4件――○「年金引き下げ中止を求める請願」、○「介護保険から要支援を外さないように求める請願」、○「消費税10%増税に反対する請願」、○「義務教育費国庫負担制度の堅持を求める請願」。

 市議会は19日、本会議をひらいて議案に対する質疑を行いました。日本共産党議員団から、小坂徳蔵議員が1時間30分、佐伯由恵議員が約50分、市民の立場から質疑を行いました。質疑した項目は以下のとおり。
 

■佐伯由恵議員――市長の所信表明に質疑

 ◇合併算定替の縮減について
 ◇学童保育の充実について
 ◇太陽光発電パネルの設置促進について
 ◇中小零細企業の支援等について
 ◇ワークライフバランスの推進について


■小坂徳蔵議員――条例4件について質疑

◆国民健康保険税条例改正(専決処分)
 ○国保税の2割軽減と5割軽減の控除額拡大による影響について


◆市税条例改正
 ○地方法人税(国税の創設)引き下げによる市財政におよぼす影響について
 ○軽自動車税と原動機付自転車の増税による影響について


◆子ども・子育て会議条例(新規条例)
 ○子育て新制度に移行する各種条例等の審議計画について
 ○子育てニーズ調査と「子ども・子育て支援事業計画」の策定について
 ○保育の実施基準を社会経済情勢の変遷に即して見直し、子育て世代を支援する
 ○子育て新制度に移行する各施設の準備状況について


◆いじめ防止等のための組織に関する条例(新規条例)
 ○教育現場で行き届いた教育を実践し、いじめ根絶を最優先に取り組むことについて
 ○いじめ問題を考える「5つの基本原則」に基づいて実践する
 ○いじめ関連の協議会等3組織の所掌事務等について
2014/06/23

◀ 議会だより一覧に戻る