議会だより

小坂議員 議案に質疑します

(パストラルで27日撮影)
(パストラルで27日撮影)
 市議会は28日、本会議をひらいて、12月市議会を開会しました。

 審議している議案は、補正予算8件、条例関連8件、市道関連2件―全部で18議案です。

 市議会は来月3日、本会議をひらき、18議案に対して質疑を行います。この日から、市議会で本格的な議論が始まります。

 日本共産党議員団を代表し、小坂徳蔵議員が昨日(29日)、質疑を議長に通告しました。質疑する議案は、一般会計・特別会計・企業会計の補正予算4議案、都市公園条例の改正、水道料金等に消費税増税を転嫁する条例―以上の6議案です。

 質疑する項目は、以下のとおり。
 
 ◆消費税増税転嫁(水道と下水道料金等)による影響について
 ◆業務委託を地域循環型経済対策に位置付けて契約する
 ◆ごみ分別と資源化率について
 ◆久下浄水場の改修計画実施について
 ◆テニスコート使用料の改正について
 ◆職員の状況および定員管理の見直しについて
 質疑を通告後、小坂議員は、市長部局などの依頼に応え、質疑項目について、担当課長のヒアリングに応じました。

 ヒアリングは、午後3時20分から開始。担当課長9人に休憩なしで対応し、終わったのは午後7時でした。ヒアリングに通算3時間40分を要しました。


 市議会は来月3日、朝から本会議をひらき、議案に対する質疑を行います。日本共産党議員団を代表し、小坂徳蔵議員が通告に基づいて質疑を行います。
画像
 質疑の終了後、委員会に議案を付託。即決議案は、討論を経て採決に付します。

 4日からは、本会議をひらいて一般質問に移ります。質問の日程は4日間です。なお、12月市議会の会期は16日間。12月13日まで審議します。
2013/11/30

◀ 議会だより一覧に戻る