議会だより

決算特別委 審査が終わる

 開会中の市議会で、審議の焦点は2012年度決算です。
市議会は、2012年度一般会計決算を詳細かつ集中的に審査するため、各会派から選出された委員で構成する決算特別委員会を設置。これまで5日間にわたって、集中的・詳細に審査してきました。日本共産党議員団から、小坂徳蔵議員が審査にあたりました。

 決算特別委の3日間(9月25日、26日、27日)は、事業を担当している課長に出席を求め、決算の全般にわたって審査してきました。3日間とも、審査の時間を延長して、質疑をかさねてきました。

 4日目の決算特別委は、委員が現場に出向いて審査する現地調査。
先月30日、委員は朝から、大利根支所の耐震化改修工事、新築された大利根児童館、不動岡コミュニテイセンター、水深小学校の増築工事など現場を訪れ、担当者から説明を聞き、調査しました。この日、昼食は、学校給食センターで学校給食(小学校高学年用)を試食しました。

 そして、昨日(2日)は、決算特別委の5日目、審査する最終日でした。この日は、委員が、事前に質疑の項目を通告し、総括質疑を行いました。

 委員会は、朝から全ての部長に出席を求め、午前9時30分に開会し、質疑を始めました。このあと、教育長に質疑。最後は、大橋良一市長に出席を求め、締めくくりの質疑を行いました。この日も、審査の時間を延長して質疑を続行。すべて終わったのは、午後10時10分でした。

 小坂徳蔵議員が、質疑した項目は以下のとおりです。

○大橋良一市長に対する質疑の項目
 
 ◆血税大ムダ遣いの同和事業廃止について
 ◆放射能汚染対策費用を東京電力に負担させることについて
 ◆国民健康保険税:親が貧乏の子どもに、行政が短期証を交付する差別を追及
 ◆県内最低の木造住宅耐震化補助の改善
 ◆地方交付税:合併算定替えの前倒し減額に係わる問題について
 ◆効率的な財政運営の推進について


○渡邉義昭教育長に対する質疑の項目
 
 ◆教育委員の合議制で運営される教育委員会の機能発揮について
 ◆教育の原点が問われる不登校の解決について
 ◆子どもを応援する就学援助の内容改善について
 ◆学校給食費の不適切な事務処理で増加した未納対策について


○部長に対する質疑の項目
 
 ◆市民の所得区分と市内企業の業績について
 ◆地方交付税:合併算定替え、前倒し減額に関して
 ◆人事管理:職員の育成、綱紀粛正の徹底
 ◆庁舎管理:施設の定期的改修に関して
 ◆コミュニテイバス運行の改善
 ◆同和事業の問題
 ◆放射能汚染から子どもを守る。東京電力の経費負担
 ◆太陽光発電パネル設置補助は、地域経済対策に位置付けて対応する。
 ◆人口減少が続く加須市の人口動態について
 ◆国民健康保険:いのちと健康を守る制度に
 ◆介護基盤の整備について
 ◆公設民営学童保育の低所得者対策
 ◆「解同」言いなりの人権保育
 ◆医療体制の整備について
 ◆肺がんの個別検診に関して
 ◆農業創生センター(道の駅):新鮮で旬の地元産野菜の栽培支援
 ◆県内最低の木造住宅耐震化補助の改善
 ◆ゲリラ豪雨に対応する市街地排水整備について
 ◆市営住宅の管理について
 ◆小集落改良住宅(家賃・月額3,000円)の適正管理について
 ◆教育委員会のありかたに関して
 ◆教師の多忙解消、新任教員の退職要因
 ◆増加する不登校対策の改善について
 ◆学校備品:机の引き出しを保護者負担にした誤りに関して
 ◆旧3町地域の教育格差(教材用備品の充足)是正について
 ◆就学援助の改善
 ◆小中学校にエアコンを設置する
 ◆地域に密着した公立幼稚園に改善する
 ◆公立幼稚園の耐震化
 ◆「解同」言いなり同和集会所学級の問題
 ◆教育委員会の不適切な学校給食費未納対策
 ◆効率的な財政運営について
2013/10/03

◀ 議会だより一覧に戻る