議会だより

松本議員 給食費軽減を提案

 9月定例市議会が開会中です。松本英子議員は、18日の本会議で、一般質問を50分余り展開しました。松本議員が質問したテーマは、以下の4項目です。

 ●学校給食について
 ●景気・雇用対策本部の役割について
 ●災害時要援護者支援事業について
 ●耕作放棄地の問題について

 いま、貧困と格差が大きな社会問題になっています。特に、非正規雇用の増加が、子育て世代の暮らしを厳しくしています。そこで、松本英子議員は、子育て世代を応援するため、学校給食費の負担軽減について、具体的に求めました。

 今年3月末、学校給食費を払えないため、滞納の額は1,600万円を超えます。このため教育委員会は、学校給食費の滞納世帯に対し、法的措置を含めた督促を実施しています。しかし、これでは根本的な解決にはなりません。先ずは、保護者が払える学校給食費にすることが先決です。

 そこで、松本英子議員は、学校給食費について、①第2子は半額にすること、②さらに第3子以降は無料にすること―以上のことを提案し、実施を求めました。しかし、渡邉義昭教育長は、難色を示しました。


 また、松本議員は、子ども達に安全でおいしい、学校給食の食材を提供するため、地元の生産者が丹精込めて作る、野菜をつかう地産地消の推進を提案しました。
2013/09/24

◀ 議会だより一覧に戻る