議会だより

議案に対して質疑を通告

 9月定例市議会が開会中です。
いま市議会は、議案調査のため休会です。日本共産党議員団は今日(6日)も終日、市議会で議案調査に集中しました。そして議案について、質疑の項目を整理し、小坂徳蔵議員、松本英子議員、佐伯由恵議員―3名の議員が議長に質疑を通告しました。通告した項目は次のとおりです(質疑の通告順)。


■松本英子議員
 ○株式会社農業公社の設立準備について
 ○農業創生センター運営について
 ○大利根地域の湛水防除事業について
■佐伯由恵議員
 ○財政の見通しについて
 ○使用料等の統合による負担増について
 ○PPS導入による負担軽減
 ○水路管理事業
 ○避難所の整備について
 ○後期高齢者保険料について
 ○介護保険事業について
■小坂徳蔵議員
 ○市民所得等の状況について
 ○納税緩和措置について
 ○地方交付税の減額に係る問題
 ○入札契約管理について
 ○国民年金について
 ○不登校対策について
 ○国保事業に係る問題について
  ・加入者が置かれている状況
  ・国保税の滞納とその理由
  ・納税緩和措置について
  ・国保税滞納者への制裁措置、行政による子ども差別の解消について
  ・国保事業の繰越財源を加入者の負担軽減につかう
 質疑を通告後、市長部局などの依頼があり、松本議員、佐伯議員、小坂議員は、通告した質疑項目について、担当課長のヒアリングに応じました。

 このあと市議会は、休日を経て、来週はじめは事務整理のため2日間休会します。その後、11日に朝から本会議をひらき、議案に対する質疑が展開されます。開会した市議会は、この日から本格的な議論が始まります。
2013/09/06

◀ 議会だより一覧に戻る