協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK

協同組合報vol.183
2018年6月号

楽しさ満載の日帰りバス旅行

東京さくら福祉会ひまわりの家 主任 川津 清和

●歌舞伎町の寝床

写真
写真

 東京さくら福祉会ひまわりの家は、千葉県流山市にある小規模多機能型居宅介護事業所です。「通い」「泊り」「訪問」と柔軟にサービスを組み合わせて、自宅で生活できるように応援しています。

●大洗水族館のイルカショーへ

 ひまわりの家では、利用者さんとご家族、職員の、参加を希望される方を対象に、日帰りバス旅行のイベントを行っています。日帰りバス旅行は、今回で3回目になりました。横浜、袋田の滝に続く、今回の目的地は大洗水族館のイルカショーです。

 バス旅行までの準備期間も楽しみの一つです。昼食選び、カラオケの選曲、しおり作りに、おやつの袋詰めなど、利用者さんと一緒に行いました。

 5月30日(水)の当日は午後から雨の予報でしたが、みんなの願いも通じて、雨は降らず、総勢26名で出発しました。

●バスレクで盛り上がって

写真

 バスで移動中は、恒例行事のバスレクです。ビンゴ大会や到着時間当クイズ、そして、カラオケと盛り上がり、片道約2時間の道中もあっという間でした。

 昼食場所は那珂湊です。事前に「海鮮丼」か「刺身定食」を選択していただきました。人気だったのは海鮮丼で、マグロ、ウニ、イクラなどが乗っていました。

 昼食後は那珂湊市場の散策です。新鮮な魚介がズラッと並んでおり、塩辛だけでも数種類もありました。迷いに迷いながら…買い物しました。

 場所を移動し、大洗水族館に到着しました。イルカの像の前で集合写真を撮影後、水族館に行きました。

●イルカにどよめき、アシカに大笑い

 水族館は何十年ぶりという利用者さんもおり、じっくりと魚やカメなどを鑑賞しました。盆栽をやっている利用者さんは、サンゴの作りの見事さに唸っていました。イルカショーでは、豪快に水しぶきを上げるイルカにどよめき、アシカの愛くるしい冗談に大笑いしました。

 到着は17時頃。疲れは見られましたが、事故もなく無事に行くことができました。日帰りバス旅行は終わりましたが、写真の整理をしながら、思い出話で盛り上がりたいと思っています。 

 「次は○○へ行ってみたい!」「旅行などの企画に参加したい!」など、利用者さんの自信や希望が少しでも膨らんで、日々の生活を意欲的に過ごすことができるように、職員一同頑張っていきたいと思います。

Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.