協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.179
2018年2月号
contents
トピックス
無料低額診療事業をとおしてSDHについて考える
インフォメーション1
健友会東医研の3年目研修
インフォメーション2
事務職員育成の新たな前進をめざして
読者のたよりから
醍醐味は達成感!
診療所待合室のあったかスポット
(11)中野共立診療所
看護 NOW!
患者さんからの発信を掴み、看護・介護へ繋げる

それでも花は咲く

写真と文●東葛病院 総務課 鈴木 ひろみ

 まだ春遠い寒い日がつづきますが、子どもを迎えに行くと保育園の花壇に咲く花々があります。年長組が順番に水やり当番をつとめているそうです。

 わたしの職場では蘭の花が咲きました。一昨年の病院移転時、お祝いにいただいた鉢植えで、いつしか世話する人も絶え、枯れかけていたのを総務課で引き取り、部長さんが水やりをし経理担当さんが添え木をして面倒を見、今、みごとに復活しました。今日、窓の外は大雪ですが、手をかけられ心をかけられ、蘭は事務室でそっと咲きつづけています。

写真



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.