協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.170
2017年5月号
contents
トピックス
「社会貢献・地域貢献」のできる病院であり続けたい
〜院長就任にあたって〜
インフォメーション1
東葛病院でこども食堂が始まりました
インフォメーション2
祝施行70周年 5.3憲法集会に参加
インフォメーション3
柏の葉で第22回薬局活動交流集会
診療所待合室のあったかスポット
(2)健友会 やまと診療所
読者のたよりから
広島に行く
看護 NOW!
「その人らしく暮らし続ける」をどう支えるか

徳川家松戸戸定邸

写真と文●東京勤医会 法人事務局次長 大葉 清隆

 5月の連休はずっと家に引きこもっていたので、このままでは褥瘡でも出来かねないと考え、最終日の5日のこどもの日に家から出てみました。向かったのは松戸戸定邸(まつどとじょうてい)、大政奉還で最後の将軍になり損ねた徳川昭武(あきたけ)が松戸駅のそばにこしらえた別邸。迷子になるほど(実際になった)の邸内はさることながら、庭園は思いのほか広く、芝やうっそうとした樹木に囲まれた森閑を味わえました。

 お目当ては歌人与謝野晶子の歌碑が16ヵ所に点在する「ひなげしの小径」。でも、晶子らしい情念が全くない平凡な歌がならんでいたのにはがっかり。しかし重要なのは、家から往復320円で行けるリーズナブルさ。最高の休日をすごしたのでした。

写真

 



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.