協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.144
2015年3月号
contents
トピックス
根本守公認会計士に聞く
社会福祉法人は利益をため込みすぎているか?
インフォメーション1
中国での毒ガス検診に参加
インフォメーション2
福島地域フィールド
〜今一番困っていることは「ここに暮らしていること」〜
Photo News 新東葛病院開院に向けて
工事は全体の35%超に
読者のたよりから
ダイエット検定
看護 NOW!
ようこそお孫ちゃん
〜子育て支援の公開講座を開催〜

人権の立場に立ち命を護る医療人として

文●東葛看護専門学校 菊池静華
写真●東京勤医会看護学生室 野村雅樹

 2015年3月7日、18期生38名は「人権が護られなかったこと、人権を護る運動に長い歴史があることを学び、医療者として私たちはどうするのか。人権の立場に立ち命を護る医療人として力を尽くす」と高らかに決意し卒業しました。卒業式前日もたくさんの学生が残って決意文を作り上げる姿に、「人間は成長し続ける」ことを確信した卒業式でした。

写真



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.