協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.97
2011年5月号
contents
トピックス(1)
「あっ!」「えっ?」 〜「褥瘡の予防とケア」の合同学習会〜
トピックス(2)
一人前になる日を夢みて
この人に聞きたい
外に出て行く事務長に
インフォメーション
薬局症例検討会の報告
読者のたよりから
・・・は高いところが好き!?
看護 NOW!
今年度、連携室は変わります!

「看護の日」行動

文●東京民医労 東京勤医会支部 菊池 真/写真●菊池真、原田伸夫

 5月11日、雨が降り続く中、新宿駅西口で280名の看護師さんが「看護師を増やしてください」「東日本大震災の被災地への募金を」と宣伝・署名行動を行いました。主催は東京医療関連労働組合協議会。毎年ナイチンゲールの誕生日である「看護の日(5/12)」前後に行っている「看護の日」行動です。
 東京勤医会は、労使共闘で取り組み、新人看護師を中心に志田看護部長も駆けつけて、37名が参加しました。午後は二つの記念講演を聞き、頷き共感して涙を流し、今後のエネルギーとすることができました。



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.