協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.84
2010年3月号
contents
トピックス
拡大するリハビリ集団
インフォメーション
介護ひとりで悩んでいませんか?
この人に聞きたい
まっすぐに向き合って
読者のたよりから
ベトナムに行こう
看護 NOW!
精神デイケア『プロジェクトO』の取り組み

仮面劇の村 〜韓国安東市・河回村(ハフェマウル)〜
写真 久々に早春の韓国を歩いてみました。行き先は韓国安東市にある、タルチュム(仮面劇)で名高い河回村(ハフェマウル)です。

 河回村は文禄慶長の役(秀吉の侵略戦争)の被害をほとんど受けませんでした。そのため村内には数百年を経た民家が数多く残っています。細く複雑な裏路地はひっそりしていて、まるで朝鮮王朝時代の村に迷い込んだような錯覚に捕らわれます。この村は、今も人々が実際に生活している村です。軒先に吊り下げられた魚や庭に並べられた野菜、部屋の片隅に置かれた飲みかけのコーラの瓶にも、生活感が感じられます。

 両班(支配層)・破戒僧・アガッシ(娘)などの多彩な仮面は日本にも広く紹介されていますから、記憶にある方もいらっしゃると思います。劇のストーリーは他愛無いものですが、どれも権力者に対する痛烈な揶揄とユーモアに溢れています。土日には村内の野外劇場で公演が行われ、満員の会場は大きな笑いと拍手に包まれます。

 安東市まではソウルからバスで3時間半、釜山からも3時間ほどかかります。河回村へは更に1時間ほど必要です。ちょっと不便な所ですが、「韓国の心」を知るにはもってこいの場所です。機会があれば、ぜひ一度お出でになってみてください。

【写真と文】 みさと協立病院 組織広報室 泊谷健一

写真



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.