協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.78
2009年9月号
contents
トピックス
どうすれば解決できるだろう?
インフォメーション
今年の原水禁運動と第五福竜丸見学を振り返って
この人に聞きたい
苦手なことを、一つひとつ克服していきたい
読者のたよりから
我が家にも歴女
看護 NOW!
中野地域での中野在宅ケア研究会の取り組み

動物たちの言葉

(1)赤とんぼ 近頃、わが身に奇妙なことがおきた。デジカメで動物たちを追いかけていたら、いつの間にか、彼らの歌や言葉がわかるようになっていたのだ。今日は、その一部を紹介しよう。

(3)ひまわりとミツバチ(1)「赤トンボのメガネは、紅色メガネ、夕焼け小焼けに飛んだから、飛んだから……」
(2)「俺、ガマオ……いい男だろ。モデル料は、ヨン様クラスだぜ。わかってんだろうな」
(3)「ミツバチ・ハッチてのは、おいらのこったい。ひまわりの蜜も案外いけるね」
(4)「人間どもに侵略され、ポンポコ狸村も食糧危機。畑まで危ない出稼ぎさ……やれやれ、自慢の毛も抜けて、すっかりやせちまったぜ」
(5)「ケーンケーン、おじゃましますよ」
 キジのお客さん、ようこそ、私の山荘へ。
(6)ジロー「ずっと、ずっと、愛してるよ…」
 マリー「ねえ、もう一度、言って…」

【写真と文】 新松戸診療所 三浦聡雄


(2)ガマ (4)やせタヌキ (5)キジ (6)愛の語らい



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.