協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.77
2009年8月号
contents
トピックス(1)
健友会と東医研の合同全職員会議、開かれる
この人に聞きたい(45)
6月からみさと協立病院事務長に就任
トピックス(2)
障害者施設病棟、始動!
読者のたよりから
8月15日の青い空
看護 NOW!
K大学の在宅看護論・地域連携臨地実習を受けて

タスマニア・クレードルマウンテン国立公園
晴れた日のクレードルマウンテン(イメージ写真) 夏休みは所用でオーストラリアのタスマニアに行き、世界複合(自然・文化)遺産クレードルマウンテン国立公園まで足を延ばしました。

 山の麓のダヴ湖畔一周ハイキングを始めましたが、途中で吹雪になり、こんな人もいないところで遭難してはマズイと引き返しました。景勝を誇るクレードルマウンテンの氷河期の名残の切り立った山頂は、残念ながら雪雲に覆われ垣間見ただけです。けなげなワラビーが案内役として温暖化と原生保護について熱く語ってくれました!?

 ここに来たのは実は有袋類の野生動物を見ることが目的でした。夜行性であるのとさすがに真冬は引っ込んでいるらしく(冬眠はしません)、数は少なかったのですが、我が愛すべきウォンバットやパデメロンなどタスマニアならではの動物たちにもお目にかかることができました。

ワラビー パデメロン

 上の写真中央のボート小屋はタスマニア開拓時代のものです。

【写真と文】
東京勤医会 加藤恵美子



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.