協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.71
2009年2月号
contents
トピックス
軽い腎臓病から重い腎臓病まで 患者さんの人生に寄り添い、総合的にみる
リスクを減らす情報技術
情報収集―― 失敗しない、アンケート調査のコツ
インフォメーション
日々の実践を見つめ直し、発信しよう! 二つの看護介護活動交流集会が開かれる
こんな話題
もう一度行ってみたいキューバ
読者のたよりから
西国33所御開帳
看護 NOW!
リハビリを頑張ってやっと在宅復帰できたのにまた逆戻り

恒例の海外ダイビング 〜タイ・プーケットへ〜
写真
(4)象にマッサージしてもらっている私
写真
(2)ホテルからの眺め
写真
(5)お馴染みのコンビニがこんなにも!
【写真と文】
(株)外苑企画商事 原田千尋
 1月20〜25日、恒例となりました年一度の国外ツアーに、昨年夏に考えていたタイ・プーケットを選択しました。バンコク経由ということで、バンコクと言えば、昨年12月にスワンナプーム空港の閉鎖騒ぎがあり、不安は感じつつも決行いたしました。乗り継ぎも含め9時間でプーケット入りしました。

写真 乗客は、バンコクまでは日本人ばかりでしたが、バンコク〜プーケットは国際色豊かな人種でした。国際線は、アルコール飲み放題だから良いですね!! ホテル(写真(1))は25階建ての17階で、眺めは海側ではありませんでしたが、良かったです(写真(2))。

 現地でのダイビングは3日間予定していました。これ(写真(3))は永遠に続くような港の桟橋で、移動はバスでします。ダイビングボートは乗り合いで、船中は、飲み物・フルーツはフリー!? 昼食も、タイ料理のバイキングでした。ポイントまでの距離は遠くはありませんが、ゆっくりのクルージングを楽しむという海外ならではのスタイルらしく、遊覧船位のスピードに、私的には普段国内で高速船になれているので苦痛でした。というか、船はゆっくり走ると揺れるのだ…!?

 最終日、いつも観光で締めている例年、今回も、タイと言えば「象」ということで、象乗りも含む象ツアーに参加しました。象にマッサージもしてもらい(写真(4))、これが本当のタイマッサージかな!?

 宿泊は、パトンビーチが面しているホテルでした。街には日本でもお馴染みのコンビニ「セブンイレブン」をはじめ、「ファミリーマート」(写真(5))が沢山ありました。また、コンビニでのアルコールの販売は17時〜24時と決められているようです。



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.