協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.62
2008年5月号
contents
トピックス
地域で今何が起きているのか?!
この人に聞きたい
一つひとつに、一人ひとりに、誠実に
素人のためのコンピュータ講座
著者の権利を守る文章を
インフォメーション
平和を願うリレートークに感動!!
読者のたよりから
東京はひとつ
介護の現場から
内なる人は日々新たに
看護 NOW!
後期高齢者医療制度がスタートして

今年の桜
写真
 ♪春のうららのすみだ川……♪
 上京して35年。初めて隅田川の桜見物に行った。日曜日のせいか、早朝にもかかわらず、橋の上は水上バスを待つ人で長蛇の列。「ここが最後尾」と書いた札を持ちつつ並んでいる。川の真ん中を走る船は満員で沈みそう。
 おもむろに川岸を歩き始めると、突然、
 「杉本さん!!」
 こんな見知らぬ土地で、誰が私の名を?
 振り向くと、なんと堀場さんがにっこり。堀場さんは代々木病院医事課を2年前定年退職された方だ。家族でお花見とのこと。シートの上の手作りのお重が、とても美味しそう。
 桜は見事な古木もあったが、ここは橋の上からの景観が素晴らしく、やっぱり♪春のうららの隅田川……眺めを何にたとうべき♪を実感した。
 屋台からいい匂いがする頃、隅田川をあとにして落合へ。落合から東中野に向かって神田川沿いに歩く。右岸は中野区、左岸は新宿区。「アンニョンハセヨー」。韓国人のお花見客があちこちに。若い笑顔がほとばしる。
写真 桜は両岸の枝が水の上で手をつなぐように咲き誇り、地元ながらあっぱれ。
 新井中野通りや哲学堂、青山墓地の桜などを眺めたが、今年の桜はピンク色が薄く、全体的に白っぽかったような印象をもつ。
 その中で私の心をとらえたのは、市ヶ谷駅ホームから観た堀側の風景。桜と水と光と、あのカーブが絶妙なのだが……ウウ、カメラを持っていなかったのが悔やまれる。
 さらにまた、八重桜の存在感。例年に比べ、目立って美しかったように思う。来春の楽しみにつなげたい。

【写真と文】 はたがや協立診療所 杉本育子



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.