協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.59
contents
トピックス
「禁煙外来」「喫煙防止出前健康教室」の取り組み
素人のためのコンピュータ講座
手になじむ道具を見つけよう
「実践と自流」を訪ねて
東京民医労勤医会支部代々木分会
読者のたよりから
イサムノグチ作品に平和を想う
介護の現場から
在宅への想い
看護 NOW!
救急センターの役割

韓国にある日本の城
写真
本丸側面の石垣
【写真と文】
みさと協立病院 泊谷健一
 倭城(わじょう)という言葉はあまり聞き慣れない言葉だと思います。16世紀の末、豊臣秀吉が朝鮮を侵略したときの遺構です。日本では「文禄慶長の役」と呼ばれるこの侵略戦争は、二度にわたり十数万の兵を派遣するという大規模なものでした。韓国の文化財の多くもこのときに焼き払われたと言います。

 倭城はこのとき、長期戦にそなえて作られた本格的な日本城郭で、今もその遺構が南海岸に沿って二十数ヵ所残っています。中でも釜山から車で1時間ほどの蔚山(ウルサン)市にある西生浦(ソセンポ)城は、加藤清正が築城したもので、見事な石垣がほぼ完全な形で残っています。

 最近は旅行案内書などでも紹介されるようになりましたが、辺鄙なところにあるためか、何回か訪れてもめったに人に会うことがありません。ひとり静寂のなかで400年前の石垣に腰をおろすと、当時の様子が浮かんでくるような錯覚にとらわれます。

写真
民家の礎石に使われている石垣
写真
天守台跡の石垣



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.