協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.55
contents
トピックス
病院医療が危ない! 都市部に求められる地域医療を考える 〜9・29シンポジウム報告〜
素人のためのコンピュータ講座
障害を乗りこえる力をつける
この人に聞きたい(34)
「潜在看護師さんの復職支援セミナー」で再就職の後押し
Cinema この1本
映画「シッコ」を見て
読者のたよりから
第10回はたがや健康まつり
介護の現場から
誰が私を助けてくれるの?
看護 NOW!
頼もしい地域のケアマネの力

90アニバーサリー・リングシュー
写真
【写真と文】
代々木歯科 木村和正
 祖母が90歳になりました。親戚一同でお祝いの席を設けたのですが、その際、リングシューを作って持っていきました。リングシューはもともとフランスの結婚式で使われるもので、パテシエになるにはシューとマカロンが試験に出るそうです。素材がシンプルで技量が問われるからかな? リングシューにしたのは作ったことがなかったから。驚かせたい、それだけです。クッキープレートは妻の作。

 このおばあちゃんは、かつて横須賀から出兵した親戚に慰問の品を届けたり、関東大震災や戦争体験を知る生き証人です。63歳で脳血栓。後遺症後、74歳で大たい骨骨折で通常の入院期間が過ぎた後も医師の提案によって、リハビリで4ヶ月延長入院しました。それによって、両足が不自由で車椅子の生活ですが自分でトイレやお風呂もはいれるほどに機能回復しました。リハビリの大切さが改めて認識されます。

 シュー皮はタイミングと段取りのよさがまず求められます。仕事でインプラントの印象に、模型材を注ぐ前に歯肉を再現するためのインプレガムを練りますが、そのいい練習になっています。



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.