協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.50
contents
トピックス
『感染対策マニュアル』を出版――現場で使えるマニュアルをつくりたい!
素人のためのコンピュータ講座
メールで情報を共有しよう
「実践と自流」を訪ねて
協働 公認会計士共同事務所
読者のたよりから
こどもの日
介護の現場から
認知症の方との接し方
看護 NOW!
リハビリ診療報酬改定に負けないぞ!

バリ島へ
写真
【写真と文】たくみ外苑薬局 原田千尋
 今年の1月末、インドネシアのバリ島へ5泊6日でダイビングに出かけました。成田からデンパサールまで概ね7時間の旅。時差は1時間、気候はもちろん暖かい所です。

 バリ島は、東京都の2・5倍、人口は300万人位です。5月〜10月は乾季、11月から4月は雨季です。この1月は雨季にあたりますが、1日中雨天であることはまれで、たいてい一時的な降雨で終わります。このバリを、200ダイブ達成記念に選んだのは、何かの縁でしょうか?

 さて、肝心のダイビング。初日はトランベンという北のポイントへ行きました。これまでにない遠距離で、2時間半ほどかかりました。途中町から離れると、車窓からは独特の田園風景と山越えの連続でした。あ、申し遅れましたがこの島の主な乗り物は、バイクです。2人乗りは当たり前、3人乗り、4人乗りもあります。通りはバイクだらけで、ヘルメットもかぶっていません。4人乗りの乗車構成はというと、父がハンドルを握り、その前に3歳位の子ども、父の後ろに1歳位の幼子、一番後ろに母といった格好です。

 ま、それはともかく、200本目のダイビングは翌日になりました。御覧の通り水中で記念写真を撮ってもらいました。200は1つの通過点、これからも世界を回ることになるでしょう! 最後に、旅も良かったのですが、夜行での帰国となった朝、機内より見た日の出に感動しました。



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.