協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.48
contents
トピックス
亜急性期「療養病床」の運用で、7:1看護配置基準の実現と経営改善の検討を
素人のためのコンピュータ講座
価値ある情報を探す
「実践と自流」を訪ねて
千葉民医連事業協同組合
読者のたよりから
韓国 板門店へ
看護 NOW!
20件近くの病院に電話をかけ続けても入院先が決まらない

今年も涙の卒業式
写真
【写真】臼倉智美
【文】東葛看護専門学校 事務長 三輪田 達
 3月10日、東葛看護専門学校の第11回卒業式が開催され、看護第1科39名、看護第2科38名が元気よく巣立っていった。
 卒業式恒例の『決意表明』は、本校での3年間・2年間の学びの日々と看護のという仕事へのみずみずしい思いが浮き彫りとなった見事なものだった。
 在校生が歌う『なごり雪』に涙した卒業生の合唱曲は『永遠にともに』。

 ……やっとここから
 踏み出せる未来
 旅立ちの鐘が 
 今 この街に
 響き渡る……

 君たちを待っているのは患者さんとともに厳しい看護の現実だ。しかし今は、君たちの看護師としての成長と幸せを祈るばかりだ。


Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.