協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.47
contents
トピックス(1)
中野共立病院 いよいよオープン!<Part1>
中野共立病院開設祝賀会
トピックス(2)
中野共立病院 いよいよオープン!<Part2>
中野共立病院を担う職責者たち
素人のためのコンピュータ講座
ネットから情報を手に入れる
「実践と自流」を訪ねて
保健医療福祉協同組合
インフォメーション
[全日本民医連 医療介護生活実態調査] 代々木病院の調査結果
読者のたよりから
上海は今
看護 NOW!
Nさんと、生後1ヶ月の赤ん坊が危ない!
介護の現場から
ALSの方の生きかたを支える<その1 生命観>

初めての「お食事会」
写真
【写真】はたがや協立診療所 事務長 中西敏一
【文】同 看護師長 杉本育子
 はたがや協立診療所ができて丸6年。昨年12月、初めてのお食事会を開きました。テーマは「からだにやさしいおせち」。あっという間に18名の満員御礼。当診療所の入っているマンションの一室が会場です。
 メニューは、(1)鮭ちらし寿司、(2)煮物、(3)なます、(4)黒豆、(5)ホーレン草の磯辺巻き、(6)お吸物、(7)デザート(葉付みかん)
 栄養士さんの指導も受け、食品バランス、量、カロリー計算もばっちり。
 ところがところが、調理器具も、お皿も、冷蔵庫も何もないゼロからの出発(太っ腹だネェ)。炊飯器と寿司桶と大鍋は、マンションオーナーの左坐さんより借用。なますは、中条とり子さんに作って来てもらい、煮物と黒豆は森川房子さんにお願いしました。里芋、竹の子、蓮根…etc…と、一つひとつ煮ていきます。煮豆は既にできていて、艶があり柔らかい花豆。ホーレン草は7束をゆであげ、下味をつけて海苔で巻き、斜めに切って「門松」のできあがり。
 味良し、色良し、形良しのおせちが相整い、300円の会費は白1点の山崎さんが集金してくれ、めでたく開会。三木栄養士に質問もたくさん出て、次回を希望する声続出。……てなことで、第2回は3月3日にひなまつりごちそうとおおいに語ろう「私の青春」をテーマに予定。既に満員御礼です。


Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.