協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.44
contents
トピックス
どうやったら都政の流れを変えることができるか
〜東京都知事選への立候補を表明した吉田万三さん、大いに語る〜
素人のためのコンピュータ講座
「表」は万能ツール
この人に聞きたい
集団の智恵というのは大したものだと思う
読者のたよりから
中田先生と温泉に
介護の現場から
わたしの暗証番号、なんだっけ?
看護 NOW!
円滑な手続きによって一命をとりとめたKさん

ここだけの秘密
写真
【写真】中野共立友の会事務局長 野澤愛子
【文】 健友会組織部長 加藤秀大
 確か86年10月の第1回代々木病院健康まつりの事務局長を引き受けたのが、私と健康まつりとの最初のかかわりでした。当時は「地域に根ざした医療」「地域医療」が声高に叫ばれ、代々木病院に地域医療課ができたのが85年。初代の事務局の横田美男氏(現・三郷市包括支援センター早稲田所長)のあとをついで、2代目としての初仕事が「健康まつり」でした。
 私は、単純に「まつりといえば神社だ」と、病院の近くの鳩の森神社を候補地にあげました。当時、自民党区議で氏子総代をしていた方の自宅を何度も訪ねて、「良いことなので」と賛同を得、全国でも例のない神社での開催となったわけです。
 その後、会場を明治公園に移し、大がかりになり、公園で寝泊まりしているホームレスのリーダーや、テキ屋の地域代表にも理解してもらうことや、保健所や消防署との関係などいろいろと苦労がありました。
 旧健友会(杉並三診療所)に移ってからも、91年5月に第1回健康まつりの事務局長を担当。「お祭男」とも言われたことも。でもそんな私の過去はここだけの秘密です。
 写真=11月12日(日)に開かれた健康まつりの様子(会場・中野共立診療所


Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.