協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.39
contents
トピックス
現実を見つつ、未来を描いて
素人のためのコンピュータ講座
ワープロが変えた事務作業
民医連運動とわたし
民医連の源流は時代を超えて
〜大きく拡がったリハビリ署名〜
代々木病院事務長 大葉 清隆
事業所を訪ねる(38)
(株)東京医療問題研究所 ちひろ薬局
読者のたよりから
紋別の祖母をたずねて
看護 NOW!(12)
助産師としてのやりがい
東葛病院付属診療所 打越 豊子

マイナスイオンシャワー
写真
【写真と文】
新松戸診療所  関 智子
 樹々の間に古城が、見え隠れする。ドイツ高速鉄道は、ニュールンベルグからケルンを、ライン河沿いに一気に駆け抜けた。その2日前、私はサッカーワールドカップ試合会場にいた。唯一、引き分けとなった日本・クロアチア戦。動かぬ代表に日本サポーターから重いため息と、呻き声が洩れる。終了後、多くの人が泣いてさえいた。

 8年前のフランス・リヨン試合会場。最後の試合に涙した私は、隣のフランス人親子に慰められたが、その日は、ただやるせない怒りだけが広がっていた。乗り継ぎで下車したケルンは、イングランド戦が終わったばかり。耳を劈く大歓声、歌声、笛が駅構内に反響し、目の前で逮捕される者も…。ワールドカップが最高の闘いの場であることを、突きつけていた。

 再びケルンを訪れたのは、日本・ブラジル戦の翌日。この日もケルン大聖堂広場は、世界各国のユニ姿、観光客で埋まっていた。試合日のフランス人は、陽気に気勢を上げている。と、ある一画が突然目に飛び込んできた。見覚えのあるちひろのポスター、高く積み上げた核廃絶署名用紙。広島・長崎の惨状伝える絵。『日本発世界へ』の平和の取組みが、この地で? 一瞬、昨夜の敗北が消えた。が、、私と友人達は、懸命に答を探そうとした、気迫溢れる中田選手が、前夜みせたあの涙の理由を…。事実は7月に知ることになるが、彼は闘うということを、見事に具現していた。「ボール奪う敵に、一歩も退かなかったよね、ヒデは」友人が呟く。「最後まで諦めなかったよね、1秒たりとも」私が応える。署名する人の姿をみながら、私たちは、ケルンの空の下で言い聞かせるように会話した。



Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.