協同組合医療と福祉 ゆたかな医療・介護・福祉をこのまちに medical&welfare
HOME BACK
協同組合報トップへ
協同組合報vol.38
contents
トピックス
「健康格差社会」をまねく「医療制度『改正』案」の撤回を求める
看護 NOW!(11)
褥創が治った! わかくさ訪問看護ステーション 看護師 中野武彦
事業所を訪ねる(37
(株)東京医療問題研究所 西荻みなみ薬局
Information
第7次辺野古(へのこ)支援連帯行動に参加して(2006.4.21〜23 in 沖縄)
協同組合医療と福祉 事務センター 鈴木健一
読者のたよりから
「春が来た!」 桜丘ケアセンターまつり開催!

八ヶ岳連峰硫黄岳へ
写真
【写真と文】
ラルゴ山の会(健友会中心の山の会) 田辺 榮次
 私たちの山の会は、今年1月の土・日で八ヶ岳連峰硫黄岳(2760m)に登ってきました。昨年の天狗岳登頂成功に続いて、一歩グレードをあげての挑戦です。
 硫黄岳の広い頂上、若干逆光ぎみでバシャ。
 バックは赤岳と阿弥陀岳その奥が権現岳、さらに奥が南アルプスの仙丈・甲斐駒・ちょっぴり見えるのが北岳。鳳凰三山も見えます。
 山は春夏秋冬、いろいろな姿で私たちを迎えてくれます。冬の山は雪と氷、肌に食いつく空気と大展望が特徴でしょうか。 
 今回の八ヶ岳連峰の歓迎ぶりですが、1日目は標高2400mほどにある山小屋までゆっくり歩いて4時間ほどの行程。低気圧の接近による温暖と荒天で、雨やみぞれにやられてしまいました。
 2日目はピーカン。小屋から登頂して下山。温泉経由で帰京です。山頂での気温はマイナス10度ほど。北に浅間山、反時計回りに目を転じると、槍・穂高はじめ北アルプス、乗鞍・御岳、宝剣・木曽駒などの中央アルプス、写真のバックの南アルプス、東に金峰・ミズガキ、そして浅間山に戻り、370度の展望でした。
 温泉では地元の方々から漬け物をいただいたりして交流しました。
 今年の冬山は雪崩などで多くの遭難がありました。私たちが登った次の週に同じルート上で雪崩が発生し、お一人亡くなられました。私たちは事故を起こさずに山を楽しみたいと思います。
 来年は赤岳かな?
 さて、写真の人物、8人のうち、6人が民医連の職員です。誰でしょう。ヒントは6人のうち、(1)母娘が1組(2)夫婦が1組(3)東京民医連副会長が二人。(1)・(2)・(3)の二つ以上に該当する人はいません。


Copyright(c)2003 medical & welfare All rights reserved.